yahooに対して不快感を表明する

当初予定していたエントリーを変更する。yahooはblogのシステムをもっと使いやすいものに変更すべきである。

最初は遺伝子組み換え大豆に関する話を書き込むつもりで、実際に文章も書き上げた。だが、投稿しようとするといくら試みても「投稿できない文字列が含まれる」との表示が出るばかりで投稿できない。
実はこの経験は初めてではない。以前も同様の表示が出て対応に苦慮したことがあった。そのときは1段落あたりの文章量を減らすことで対応できたのだが、今回はそれも不可能だ。

そもそも「投稿できない文字列」と書かれても、具体的にどの文字列が使えないかが分からない限り対処のしようがない。利用者にとっては「投稿するな」と言われるのと同じことだ。これほど不親切な文章があるだろうか。
yahooには早急に対応策を考えてもらいたい。はっきり言って、こんな使えないblogだったらblogサービスなどしない方がましだ。

(7月17日追記)

以上の件についてyahooに問い合わせたところ、以下のような返事があった

「お申し出の内容は、悪質な投稿を防ぎ、Yahoo!ブログのスムーズな運用とセキュリティ保護のため、具体的なリストについては公開いたしておりません。
 お客様におかれましては悪意のない投稿にもかかわらず、ご迷惑をおかけいたしておりますが、何卒ご理解いただけますようお願いします。
 ご面倒をおかけしますが、投稿内容をご確認いただき、再度記事の投稿をお試しください」

投稿内容をどう確認すればいいのかについて何の情報も出さないまま「投稿内容を確認して再度投稿しろ」と言われても、そんなことはできない。yahooはどうやら無料サービスに関しては利用者の利便性などどうでもいいと思っているようだ。blog登録時に獲得した個人情報さえあれば、後はどうなろうと知ったことではない、と考えているに違いない。
もう一度言う。その程度のサービスしかできないblogならやめた方がいい。

スポンサーサイト



コメント

No title

RAPTORNIS
これはいわゆるマニュアル言葉ですね。ぼくもPCの使用法をメーカーに問い合わせて、散々待たされたあげく、マニュアル言葉で応対されてイライラしたことがあります。以下はグチになるのですが、小学生時代の同級生で写真家になった男がいます。一昨年に20年ぶりで再開したのですが、写真展をやるから来てくれと言うので行ったところ、露骨に避けようとするのです。やつに言いたいです。「その程度の応対しかできないようなら写真展などやめた方がいい」と。因みにやつもマニュアル言葉を使っていました。

No title

desaixjp
法令順守だとか個人情報保護だとか色々とうるさい時代になってきたのにあわせ、企業がマニュアル的な対応をする事例はこれからも増えるでしょうね。上の文章も感情に任せて書いてしまいましたが、実際には徒労のような気がします。より使い勝手のいいblogを探した方が生産的なのでしょう。
非公開コメント

トラックバック