1799年史料・その15

 マセナ将軍からエルヴェティー共和国総裁政府へ
 市民総裁殿、
 (旧暦)4月10日の手紙で、グリゾン同盟をエルヴェティー共和国に統合する布告を受け取りました。両国の国益と政策がこの方策を求めたもので、もしオーストリア家に心を売り渡した何人かの危険なリーダーが、グリゾン同盟をそれ自体の破滅へ導いたはずであり、エルヴェティーもその没落に巻き込む恐れのあった一連の事態に引き込まなければ、この策はもっと前に採用されていたでしょう。しかし我々は痛ましい事件を想起していてはなりません。自由の領分は広がっており、エルヴェティー人とグリゾン人は今や一つの民、一つの家を形作りました。市民総裁殿、私はあなたがたが私に贈ってくれた感謝の印を、この統合に先立ちその達成へ導いた行動故にフランス軍に適用しました。私は強く言っているように、共和国の大義に仕えエルヴェティーの役に立つ以外に個人的に求めるものはありません。市民総裁殿、確かにエルヴェティーは私を(あなたがたの表現を使うなら)敬愛してくれていますし、そして私の仕事はこの国を内部の敵から守り、オーストリア軍に対して防御する以上の目的を持ちません。というのも私が絶えず望むのはこの国が独立を保持し、そして父親のように慈悲深いあなたがた政府の下で、この国の運命とフランス共和国との連合によって求められた強さと繁栄の水準に達することにあるからです。
 健康と敬意を。
(サイン)マセナ。
A Collection of State Papers Relative to the War Against France, Volume 8"http://books.google.com/books?id=dYfhdzYbIa0C" p184

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック