週記

 日記ならぬ週記である。

 漫画は年末なのでなし。NFLはレギュラーシーズンがいよいよ残り1週となった。New Englandは最終週の結果次第で「地区優勝」から「11勝しながらプレイオフに届かない史上2番目のチーム」まで、様々な展開が予想される。おまけにそのカギを握っているのが、下手すると今シーズンでクビとの噂を立てられているJetsのManginiなので、盛り上がりもかなりのものだ。もっとも本当にシーズンを盛り上げたのはJetsよりむしろMiamiだと私は思っている。やはりPenningtonはいいQBだ。
 New Englandでは控えのCasselも十分に仕事をしたと言っていいだろう。16週時点でのDPARは586、DVOAはプラスの3.9%だ。2001年のBrady(DPARは339、DVOAが0.3%)より上である。当時とはチーム全体のタレントレベルが違うし、Casselの方が控え経験が長いことなどがあるとしても立派な成績だ。もちろんこれが実力かどうかを見極めるにはもっと時間が必要だと思うが、何はともあれ今シーズンを乗り切ったことは評価できる。
 ディフェンス、特にパスディフェンスは一時期よりは良くなってきたが、それでもリーグの平均よりは下だ。怪我人が多かったこともあるが、基本的にはSamuelの穴を埋めるのにずっと苦労し続けたシーズンだったと見るべきだろう。今シーズン好調のWarnerを抑え込んだのは良かったが、場所が雪のフォックスボロだったのでその点は割り引くべき。プレイオフに出たとしても、おそらくここが課題になるだろう。
 実際にプレイオフに出られる確率はどの程度だろうか。Football Outsidersの予想"http://www.footballoutsiders.com/stats/playoffodds"では地区優勝の可能性が34.9%、ワイルドカードが5.2%となっている。対戦相手のBuffaloはDVOA-13.3%とNew England(プラス7.3%)より低いのでそこだけなら何とかなりそうだが、まずMiamiがJetsよりDVOAで上回っていることがあるし、BaltimoreもJacksonvilleより圧倒的にDVOAが高い。あまり期待しない方がよさそうだ。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック