ワーテルローの旗

 本日はワーテルロー会戦から193年目。それに合わせたのかどうか知らないが、数日前に英国で「ワーテルローの戦いにおける軍旗がウォルター・スコットの家から発見された」という報道がなされていた。ウォルター・スコット"http://en.wikipedia.org/wiki/Walter_Scott"はアイヴァンホーの作者として有名だ。彼はナポレオンに強い関心を抱いていたようで、The Life of Napoleon Buonaparteなる本も記している("http://books.google.com/books?id=yUg2AAAAMAAJ"など参照)。
 彼はワーテルローでナポレオンが敗北したと聞いた直後に英国を出発してベルギーに向かい、戦場に足跡を記した。そして、報道によるとその際に4つの軍旗(1つは英国軍の、3つはフランス軍のもの)を手に入れて彼の家であるアボッツフォードに持ち帰ったのだという。旗は戸棚の中に入れられたまま長い時間を過ごし、最近になって館を管理している人によって発見された、というのがおおまかな報道の内容だ。

 さて、何だかおかしいと思わないだろうか。スコットが戦場にやってきたのは、会戦が終わって何日も経過した後のことである。そんなに長期間、軍旗が戦場に放り出しっぱなしになっている、というようなことがあり得るのか。軍旗は部隊にとって極めて重要なものであるし、軍旗を奪うのに成功すればそれだけで昇進はするわボーナスは出るわと大騒ぎになるものだ。英国では誰が軍旗を奪ったかで戦後論争になったくらいである。そんなものを一介の小説家・詩人が戦場跡から、それも1つではなく4つも拾い上げたと言われて、信じる気になれるか。
 もう一つの問題は、報道されている旗の写真に関する疑問だ。私がネットで見つけたのはこちら"http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/scotland/south_of_scotland/7458741.stm"に載っている1種類と、こちら"http://news.bbc.co.uk/nol/shared/spl/hi/pop_ups/08/africa_enl_1213696360/img/1.jpg"にある2種類などである。確かにどれも軍旗っぽいのだが、それぞれよく見ると随分おかしいところがある。
 まず三色旗。表面に"L'EMPEREUR NAPOLEON AU 105 REGIMENT D'INFANTERIE DE LIGNE"と記されているので、これは確かにフランス軍の旗だと考えていいかというとそうとも言えない。私は軍旗には詳しくないのだが、こちら"http://www.warflag.com/napflags/index.htm"のサイトにあるワーテルロー戦時における第105連隊の旗で皇帝ナポレオンが云々と書かれているのを見ると、三色旗の色が左から青、白、赤となっている。一方、写真は左から赤、白、青である。本物の軍旗と裏表が逆になっているのではないかとの疑念が浮かぶ。
 こちらのblog"http://blogs.telegraph.co.uk/society/is-it-just-me/june-2008/waterlooflags.htm"によると105連隊の旗は英連合軍の騎兵突撃によって奪われたという。逆に言えば旗を手に入れたのは英国軍の筈。普通なら手元にとどめ、本国に戦果として送り、華々しく飾るなり厳重に保管するなりするだろう。なのに彼らはそれを戦場に放り出し、それを何日も後にやって来たスコットが拾ったとでもいうのか。それともスコットは英国軍からこの旗を盗んできたのだろうか。
 おかしいのは白地に青い斜め十字の入った旗もしかり。上のblogはこの旗について「これはロシア帝国の軍旗だ」と指摘している。実際、中央に見えるのは双頭の鷲であり、この時期に双頭の鷲を軍旗に使っていたのはロシアやオーストリアである。そして、この両国はどちらもワーテルロー会戦に参加していない。英国の軍旗なら基本的にユニオンジャック、フランスなら三色旗(有名な鷲章は旗竿についていた)、プロイセンの軍旗には鷲の絵が入っているが頭は一つだ。双頭の鷲が記された旗をスコットがワーテルローの戦場で拾うことはあり得ない。
 双頭の鷲の背後にある青い斜め十字も問題だ。こちらのサイト"http://tmg110.tripod.com/russia1.htm"を見ると、この文様はピョートル大帝が定めたロシア海軍の旗であることが分かる。ワーテルローの戦場にロシア「海軍」の旗が持ち込まれ、置き去りになっていた可能性は、ステキカット皇帝アレクサンドルの頭頂部がいきなりもさもさになるくらい考えられない。
 もう一つの旗もまた大問題。どう見ても百合の入ったブルボン家の白色旗なのだが、何でこんなものがワーテルローの戦場に転がっていたのか。(1)ヘントに亡命していたブルボン王家に付き従っていた部隊が実はワーテルローの戦いにも参加しており、そこで旗を落っことした(2)三色旗の分配が間に合わなかったフランス軍部隊が仕方なくブルボン時代の軍旗を持ち出し、それを戦場で落っことした――といったケースしか思い浮かばないが、どちらもほとんどありそうにない話だ。

 ここから先は完全に私の妄想に過ぎないのだが、旗が古いものであることは間違いないだろう。写真を見ても三色旗などはかなりボロボロになっている。つまり、スコットの家にこれらの旗が190年以上前から置きっぱなしになっていたことは事実のように思える。事実でないのは、これをスコットが戦場から拾ってきたということ。ただし、もしかしたらスコット自身は本物だと信じていたのかもしれない。
 悪知恵の働くヤツがいた。彼もしくは彼女は、ワーテルローの戦い後に金儲けができると思いつき、あるものを手に入れて戦場付近に待ち構えていた。そこにやって来たのが世間知らずの小説家。彼/彼女はその男に近づき、実は戦場で手に入れた軍旗がある、良ければ買わないかといって話を持ちかけた。そして予め用意していたレプリカの旗を見せる。レプリカだからつくりはいい加減で、旗の裏表が逆になっていたり、戦場にいるはずもなかったロシア海軍の旗だったりする。でも、世間知らずの小説家は大喜び。大枚はたいて贋物を購入し、後生大事に家まで持ち帰ってしまいこんだ。
 私以外にも似たようなことを考えている人はいるようだ。こちらの掲示板"http://theminiaturespage.com/boards/msg.mv?id=145146"には「多分スコットは騙された(conned)のであり、だからこそこれらの旗が今の今まで隠されてきたのでは」と推測している人がいる。Napoleon Seriesの掲示板にも「胡散臭い(fishy)」との指摘がある。
 もちろん、繰り返すが私は軍旗については全然詳しくないので、ここに書いていることも間違っている可能性はある。詳しい人がいればぜひともこの旗に関する見解をお聞かせいただきたい。 でも、報道されている話は事実ではないという点については多分問題ないだろう。また、こういう話がBBCで報道されるということは、欧州でもナポレオン時代の軍旗について詳しい人間が多くないことを示している。要するにナポレオニックはあちらでもマイナーな存在なのだ。

(以下、6月19日追記)

 ロシア海軍っぽい旗については、こちらの記事"http://news.scotsman.com/scotland/Revealed-Scott39s-Waterloo-souvenirs.4187404.jp"のコメント欄に「ロシア支配下にあったポーランドの旗ではないか。論拠はこちら"http://www.crwflags.com/fotw/Flags/pl-xix.html#kop"」との説も紹介されていた。ま、いずれにせよワーテルローの戦場に落ちていた筈のない旗という点には変わりない。
 もう一つ、上の記事では紹介しなかったが、ワーテルローの旗と報道されている写真の中にはこちら"http://www.pressandjournal.co.uk/Article.aspx/692945?UserKey=0"のようなものもある。正直、何の旗なのかさっぱり見当がつかなかったのだが、Scott's Waterloo souvenirsのコメントでは「フリーメーソンの旗ではないか」と推測している人がいた。中央で握手している図柄は当時の軍旗には登場しないそうだ。どうもこの一連の旗騒動は、完全なフェイクに皆が踊らされただけのようである。

(以下、6月21日再追記)

 Napoleon Seriesの掲示板に、1840年代に出版された本の中身が紹介されていた。スコットの家に飾られていた三色旗の(極めて基本的な)間違いを指摘したもの。報道された旗は、160年前に既に贋物とバレてしたネタをもう一度引っ張り出したものだと考えていいだろう。「貴様らの居る場所は既に我々が160年前に通過した場所だッ」てな感じか。本のリンクは以下の通り。
http://books.google.com/books?id=Os8EAAAAYAAJ&pg=PA312
http://books.google.com/books?id=NKgPAAAAYAAJ&pg=RA1-PA179

スポンサーサイト



コメント

No title

シェヘラザード
おもしろい話ですね。私も旗だとか軍装関係はサッパリですが、まるで「お宝鑑定団」で、呆然とする出演者に、鑑定者が「真っ赤なニセモノですね」と告げる瞬間を見るようです。映画「帽子を脱いだナポレオン」でも、セントへレナをこっそり抜け出してワーテルローの戦場を訪れたナポレオンが、「皇帝のベッド」なる展示品を見て「うそだ。あんなもの使ってない」というシーンがありました。

No title

desaixjp
ウォルター・スコットの家に軍旗があるという話自体は(Napoleon Seriesの掲示板によれば)1840年代からあったそうです。だとすると、「今回初めて見つかった」という話すらも怪しいものかもしれません。それにしても、関係者もマスコミも、誰一人として「こりゃ変だ」とは思わなかったんでしょうか。少なくともブルボンの白色旗と双頭の鷲についてはあり得ないと思わなければいけないような。
非公開コメント

トラックバック