1800年冬季イタリア・その1

 セント=ヘレナでのナポレオンが言及した1800年冬季イタリア戦役について。引用元は最後に掲載予定。途中、変な表記があるのはYahoo blogの無駄で無意味な書き込み規制のため。


 XI. -- イタリア方面軍
 1800年11月の最中、フランスのイタリア方面軍を指揮するブリュヌ将軍は、ベレガルデ将軍に休戦の終結を通知し、それに応じて11月22日から戦闘状態が再開されることになった。オグリオ川の合流点までのキエザ川と、そこから前者の川がポー河に注ぐまでがフランス軍の戦線を形成していた。この軍は状態がよくとても数が多かった。予備軍とかつてのイタリア方面軍が一緒になって構成していた。この軍がロンバルディアの美しい平原に再び地歩を固めてから5ヶ月が経過した。彼らはフランスから到着した徴収兵と数多くのイタリア兵のそれぞれによってかなり増援されていた。
 モンスイ将軍が左翼を、スーシェが中央を、デュポンが右翼を、デルマが前衛部隊を、そしてミショーが予備を指揮していた。ダヴーは騎兵を、マルモンは砲兵を率いており、[牽引用の]よい馬匹を持つ200門の大砲と豊富な補給が蓄えられていた。これらの軍団はそれぞれ2個師団で構成されており、全体で歩兵10個師団と騎兵2個師団があった。前衛部隊の1個旅団は司令部に派出されており、司令部予備と呼ばれていた。かくして前衛部隊は3個旅団で構成されていた。
 ミオリス将軍はトスカナで指揮を執っていた。彼は麾下に5000から6000人を持ち、その大半はイタリア兵だった。スールトは指揮をPiedmontでとり、その6000人から7000人の多くもイタリア兵だった。デュローロワはリグリアで、ラポワプはチサルピナで指揮を執っていた。指揮官のブリュヌは10万人近くを麾下に持ち、そのうち8万人以上は実際に戦場にいて合流していた。
 マクドナルド麾下のグリゾン方面軍はエンガディーヌとヴァルテリーヌにいるいくつかのオーストリア軍団の関心を集めていた。従ってこの軍もイタリア方面軍の一部を構成していると考えられていた。この軍は後者[イタリア方面軍]の戦力を1万5000人増やしており、かくして全体でほとんど10万人が武装してミンチオとアディジェで軍務に就いていた。
 戦闘状態が再開された11月22日の時点でブリュヌ将軍は守勢にとどまった。彼はトスカナにいたデュポン将軍麾下の右翼を待っていた。24日に彼らはサッカでポー河を渡り、オグリオ川の背後に布陣してその前衛部隊をマルカリアに置いた。敵も同様に守勢にとどまった。活発に行動せよとの命令を受けていたにもかかわらず、ブリュヌは攻勢作戦を始めるのを躊躇った。
 オーストリア軍を指揮していたベレガルデ将軍は手ごわい将帥ではなかった。彼の命令はミンチオの戦線を守るものだった。オーストリア皇家はマントヴァと連絡するため、及び和平が締結された際にそこを境界線として維持する目的のため、その川を保持するのが重要だと考えていた。6万から7万人のオーストリア軍はポー河に左翼を拠っていた。その戦線はマントヴァによっても支援されており、さらに砲船を配置している湖にも守られていた。ペシェーラとガルダ湖が右翼の拠点となっており、多くの船団が湖の所有権を確保していた。
 ティロルには分遣隊があり、トナル山と、エンガディーヌ及びヴァルテリーヌの反対側にある出口の陣を占めていた。ペシェーラからマントヴァまで長さ20マイル、あるいは7リーグ近く延びているミンチオ川は、乾燥した天候の時はいくつかの場所で渡渉できるが、問題になっている季節ではどんな場所でも決して渡渉できなかった。さらにオーストリアの将軍は、通常この川から水をくみ出しているあらゆる運河を閉じていた。
 しかしこうした環境にもかかわらず、これは弱い防衛線だった。その幅は20トワーズ以上はなく、その両岸は互い違いに相互を見下ろしていた。モツェンバーノの地点では、モリノ=デラ=ヴォルタと同様、左岸が見下ろされていた。左岸にあるサリオンゾとヴァレッジョは、対岸を大いに見下ろしていた。ベレガルデ将軍はヴァレッジョの高地を強力に占拠していた。彼は古い城跡を修復し要塞として使えるよう改装していた。それは両岸の全体を見下ろしていた。ボルゲットーも要塞化され、ヴァレッジョに保護された橋頭堡になっていた。
 小さなゴイトの町の城壁も修復され、その防御は水路によって強化された。ベレガルデはさらにサリオンゾ高地に4つの柵で囲まれた堡塁を築いた。それらはできるだけヴァレッジョ近くに配置された。左岸の主な防御体制を取り計らったところで、彼はそれを右岸に拡大した。周囲全体を見下ろしているラ=ヴォルタ高地を強力な構築物と伴に占拠した。しかしこれはミンチオから1リーグ近く、ゴイトとヴァレッジョからは1リーグ半も離れていた。かくしてオーストリアの将軍は15マイルの範囲内に強力な防御構築物を5ヶ所持つことになった。即ちペシェーラ、サリオンゾ、ヴァレッジョ、ヴォルタ、そしてゴイトである。
 12月18日、フランス軍はキエザ川を渡った。司令部はカスタニェドーロに置かれた。19日と21日、全軍は4つの縦隊でミンチオへ行軍した。デュポン麾下の右翼はマントヴァ湖の先端に向けて進んだ。スーシェ麾下の中央はラ=ヴォルタへ行軍。ペシェーラに対処するのが目的の前衛部隊はポンティに前進した。予備と左翼はモツェンバーノへ進軍した。右翼のデュポンは右側の師団でマントヴァ守備隊を湖の向こう側へ撃退した。(ヴァトランの)第2師団は敵をゴイトへ追い払った。中央のスーシェは注意深くヴォルタへ行軍した。彼はオーストリア軍がその戦線の先頭を支援する動きをすると予期していた。
 しかし敵はどこにも姿を現さなかった。彼らはおそらくミンチオから遮断されるのを恐れ、その陣地を捨てた。ミンチオを見下ろすモツェンバーノの素晴らしい隆起での抵抗はなかった。フランス軍はゴイトとボルゲットーの橋頭堡を除いて右岸の全ての陣地を奪取した。フランス軍全ての相手をしなければならないことに気づいた時、敵は全面的な交戦を恐れ、右翼のゴイトとボルゲットーのみを保持してミンチオの左岸へ後退した。全戦線に渡るオーストリア軍の損害は、捕虜が500人から600人捕まった。フランス軍司令部はモツェンバーノに置かれた。
 同日のうちにミンチオに橋を架け、川を渡り、敵を追撃することが必要だった。このような対岸を見下ろせる陣地を確保した者にとって、その地からの砲兵隊の散弾が対岸のはるか彼方まで一掃できるため、川は狭すぎて僅かな障害にしかならなかった。モツェンバーノとラ=ヴォルタの風車からであれば砲兵は対岸の多大な距離まで届かせられる一方、敵は砲兵陣を敷くのに有利な場所を見つけられなかった。従って渡河には何の苦労もなかったであろう。ミンチオは要塞の堀のように砲兵陣をあらゆる攻撃から守ってくれ、敵はその川を見ることすら叶わなかっただろう。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック