R・クロファードの報告 7

 皇弟殿下オーストリアのカール大公の司令部
 マッパハ、1796年10月27日
 閣下、
 昨夜のうちにモロー将軍の軍がフンニンゲンでラインを渡って退却したことを閣下に謹んでお知らせします。
 彼の最後の後衛部隊は今朝、彼が大きく頑丈な陣を築いたヴァイラーの丘にいます。しかしユサールとの小競り合いの後で彼らは歩兵が到着する前に高地と堡塁から撤退しました。いまや背後に最近シューター=インフェルと呼ばれる島に建設された一種の突角堡を持つ小さな橋頭堡内の僅かな兵を除けば、河のこちら側には何も残っていません。
 敬具
 ロバート・クロファード
A Collection of State Papers Relative to the War Against France "http://books.google.com/books?id=OZ4BAAAAMAAJ" p125

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック