London Gazette記事 6

 ヴィルヘルムスバート、1796年9月21日
 フルダを経由してジュールダンと合流するために行われているモロー将軍のフランケンを通じた退却に関する報告は、警告を生み出す目的で勤勉に広められていることが証明されているが、にもかかわらず敵が騎兵の軍団をアイヒシュタットまで押し出している状況が明らかになっている。
 最近敵が関与した勝手気ままな蛮行は、かつて聞いたあらゆる彼らの残虐行為すら超えるものだ。処罰のためでも征服者の追撃を遅延させるためでもなく、単に彼らが邪悪さの中で喜びに浸るためだけに、彼らはしばしば火をつけるために道を離れ、いくつもの村が焼かれた。
A Collection of State Papers Relative to the War Against France "http://books.google.com/books?id=OZ4BAAAAMAAJ" p100

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック