1815年6月18日昼 オーアン街道

「突然、そしてまるで命令が与えられたかのように同時に、全[バイラント]旅団が崩れ踵を返して逃げ出し、丘へ登って生垣と道路を乗り越えていった。奔流の中にいた死に物狂いの兵たちは彼ら自身の予備大隊とその背後にいた砲兵を押し流し、あちこちで英国兵とぶつかった。英兵たちは彼らに非難とブーイングを浴びせ、彼らを撃つのを自制しなければならなかった」
David Howarth "Waterloo: A Near Run Thing" p66

 デルロン軍団の攻撃前にバイラント旅団(ベルギー兵)がどこにいたかについては論争があることを「1815年6月18日昼 モン=サン=ジャン」"http://www.asahi-net.or.jp/~uq9h-mzgc/g_armee/bijlandt.html"で指摘した。だが、布陣していた場所はともかく、彼らがフランス軍の攻撃を受けて退却したことについては異論を持つ者はいない。バイラント旅団はフランス軍の圧力を前に後方へと逃げ出した。
 Howarth同様、多くのワーテルロー本ではこの逃走に対して英国兵が非難の声を浴びせたとしている。彼らが逃げ出した結果、ピクトン師団所属の英国兵たちがその穴を埋めなければならなかった。英国兵、特にスコットランド兵はフランスの大軍を迎え撃ち、彼らの進撃を食い止め、ところによってはそれを撃退。最後にポンソンビーのUnion Brigadeの突撃でトドメを刺した、というのが一般的なワーテルロー本の説明だ。

「しかし生垣[の防衛線]は放棄されなかった。ピクトン率いるスコットランド兵はそこから100ヤード離れた背後にいて砲撃から身を隠していた。フランス軍が接近するにつれ、彼は薄く弱体化した戦線に前進を命じた――2列横隊の彼らはフランス軍とブリュッセルの間に存在する唯一の歩兵だった。
 タイミングは思いがけず完璧だった。フランス軍が隊列を組み始めた時、スコットランド兵は生垣に達した。マルタン[フランス軍中尉]には彼らが地面から湧き上がったように見えた。ピクトンが『撃て』と叫び、40歩の距離から3000のマスケット銃が生垣越しに放たれた。(中略)
 しかしフランス軍は崩れつつあった。彼ら自身の隊列によって動きが封じられ、隊列を組んでいる最中を狙われて彼らは教えられたように戦うことができなかった。奇襲射撃は彼らを混乱に陥れ、突撃は混沌をもたらし、その混沌はパニックにつながった」
Howarth "Waterloo: A Near Run Thing" p67-68

 Howarth以外にも同様の話を書いている人は多い。だが、中には通説と異なる話を紹介している研究者もいる。代表例がAlessandro Barberoだ

「そして戦闘からそれほど遠くないところにいたウェリントン自身がしばらくしてキャメロン[第79連隊]が『持ちこたえられないところまで来たように見えた』。
 トーマス・ピクトン卿が、彼にとって恐怖であったことに、スコットランド人部隊が崩れつつあるのを見た時、彼は通りかかった最初の士官に合図をし、部隊の崩壊を止めるよう命じた」
Barbero "The Battle" 133

「彼らの将軍[パック]が期待したように銃剣を構えて前進する代わりに、彼ら[第92連隊]もまた射撃を始めた。必然的に撃ち合いは最悪の結果となり、彼らは混乱の中で退却を始め、その間に[フランス軍]第42連隊の兵たちは勝利の雄叫びを上げながら密集して生垣を越えた」
Barbero "The Battle" p137

 Barberoによれば英国歩兵は必ずしもフランス歩兵を撃退や食い止めることができたとは言えない。それどころか第92連隊に至っては、ブーイングを浴びせたベルギー兵たちと同じようにフランス軍の圧力を前に退却したことになっている。
 なぜ通説と違う話が出てくるのか。最終的にフランス軍に大きな損害を与えた騎兵部隊(Union Brigade)の関係者が残した証言が、原因の一つかもしれない。実は複数の人間が、英国歩兵部隊の苦境についてSiborne宛ての手紙で触れているのだ。

「我々の旅団は小さな窪地状の道と生垣から100ヤード後方まで来た。(中略)我々はそこで我々の歩兵が騎兵大隊の側面を通り過ぎることができるよう、そして我々自身が道路を横切って突撃していればそうなったであろう代わりに敵が道路を通過する際に少し混乱するだろうと考え、敵縦隊の先頭が――私が理解する限り――窪地状の道をちょうど越えるまで数分間待機した。[ポンソンビーの副官De Lacy Evans]」
H. T. Siborne "Waterloo Letters" p61

「接近しているように見えたフランス軍縦隊の先頭は、撃退されたようにも本気で食い止められたようにも見えなかった。むしろ、私が前に述べた通り、彼らは我々の戦線を押し通り、その縦隊の先頭は二重の生垣のブリュッセル側にあった。私が見たところ彼らの正面には英国歩兵は存在せず、推測するに生垣の背後に敷かれていた戦線は左翼側へ移動し(というのも私は彼らを突撃の瞬間まで見なかった)、前進してきた左側縦隊の左側面を射撃していた。
 事実として高地の稜線は奪われ、決定的な瞬間になされた騎兵突撃がそれを奪回したのだ[第1竜騎兵連隊大尉A. K. Clark Kennedy]」
Siborne "Waterloo Letters" p72

「[Siborneからの]前回の手紙を貰うまで、我々が稜線を奪回する前にフランス軍縦隊の攻撃がジェームズ・ケンプト卿の旅団に迎撃され撃退されていたことなど全く分からなかったし、正面で何が起きていたのかを見ることもできなかった。
 瞬間的に見た中では、我々の歩兵が明らかに大混乱の状態で生垣を越えていたのを(本当は隊列を組みなおすため成功した攻撃から戻ってきたのだが)縦隊の先頭が私のすぐ左前方で高地を奪っていた敵の前進によって生じた自発的でない移動だと勘違いしたのも許されるだろう。
 我々が横隊を組んでいた時、我が歩兵が生垣を越えていたのは確かだが、彼らが後方で再編したのか、それともすぐに前進し前方で隊列を組みなおしたのか、私には断言できない。ただ、その瞬間には明らかに大きな混乱が生じていた[A. K. Clark Kennedy]」
Siborne "Waterloo Letters" p76-77

「[スコッツ・]グレイが生垣のある丘の頂上にやって来た時、第92ハイランダーズ[連隊]は退いているように見えた。
 第92ハイランダーズはグレイの隙間を通り抜け、幾人かは連隊と伴に生垣から丘を下った。第92連隊がグレイに声援を送り『スコットランドよ、永遠に!』と叫んだのはこの時である[第2竜騎兵連隊中尉C. Wyndham]」
Siborne "Waterloo Letters" p81

「彼ら[スコッツ・グレイ]は命令に従い、真っ直ぐ正面へ前進し、ほとんどすぐにいくらか混乱して退却する第92連隊と出会った[第2竜騎兵連隊少佐Frederick Clarkeが喇叭手W. Crawfordから聞いた話]」
Gareth Glover "Letters from the Battle of Waterloo" p60

「歩兵部隊を通り抜ける際――その一部は騎兵に場所を空けるため回れ右をしていた――、一部は騎兵大隊の隙間を通り抜け、そして私が想像するにいくらかはより不揃いな状態で通過していった[第6竜騎兵連隊中佐Joseph Muter]」
Siborne "Waterloo Letters" p84

 続く。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック