1795年ライン 進軍2

 SchelsのDie Operazionen am Rheine vom 8 bis 24 September 1795; mit dem Treffen bei Handschuhsheim(p107-150)の続き。地図はこちらのReymann's Special-Karte(20万分の1)と、Old Map OnlineにあるMesstischeblattの2万5000分の1地図を参照。
 フランス軍がユアディンゲンで渡河を始めたという知らせをクレルフェが受け取ったのは9月7日だった。だが同時にライン中流域、オッペンハイム付近のフランス軍がマンハイム攻撃のために渡河をするかのような準備を始めていたため、彼は右翼支援のため左翼と中央を送り込むことができなかった。そのため右翼に向かうのは彼とその司令部だけとなった。移動の前に彼はライン中流域に残る部隊の配置を指示し、シュターダーに対しては敵がマンハイムとオッペンハイムのどちらかから渡河してきた際の対応を命じておいた。
 9月12日、ノイヴィート近くのブルクラッハ師団の宿営地背後、ロマースドルフの修道院(ハイムバッハ=ヴァイス北西)にクレルフェは司令部を置いた。フランス軍がライン右岸に送り込んだ兵力の多さを知った彼は、ヴュルテンベルク公がウケラトから撤収するや否やヴァルテンスレーベンの全軍をラーン河畔に集めることを決意。もしここも維持できないのなら、リンブルクからヴィースバーデンとフランクフルトへ向かう道の間にあるイドシュタインに兵を集め、そこでジュールダンを攻撃しようと考えた。
 クレルフェはヴルムザーに下ラインの状況を伝え、可能な限りすぐにアルザスへの攻勢に出るよう要請した。この陽動によってライン左岸の敵を困らせ、できれば右岸に来た敵を撤収させたいというのが彼の狙いだったが、実はヴルムザーは既にアルザス侵攻を諦めており、代わりにクォスダノヴィッチの軍勢をクレルフェへの増援として送り込むことにした。クォスダノヴィッチは9月13日にラシュタット近くのクッペンハイムに向けて移動し始めた。
 9月14日、クレルフェはクォスダノヴィッチに対し、部隊の一部をラインのコルドン及びマンハイムの守備隊に送り込み、代わりにそこから引き抜いた部隊にはラインを下るよう命じた。またムルク河からフィリップスブルクの北まで展開しているコロレード師団とプファルツ兵をクォスダノヴィッチの指揮下に入れ、クレルフェがラーン右岸にいる間はライン河畔の部隊配置をクォスダノヴィッチに任せることにした。
 ツェーントナーは即座にシュヴェツィンゲンからマイン河畔のリュッセルスハイムへと擲弾兵3個大隊を送り、さらにマンハイムやコルドンの兵が引き抜かれた時点で自身も部隊を率いてランパートハイム(ヴォルムス南東)に移動してそこでクレルフェの命令を待った。そして前回も述べたようにヴュルテンベルク公とエアバッハはラーンの背後まで後退し、ノイヴィートにいたブルクラッハ師団も9月14日から15日にかけての夜間にモンタバウアー経由でラーンまで後退するよう指示された。
 これらの配置が完了した時点でヴァルテンスレーベン率いるラーン河畔の部隊は以下のように展開していた。右翼のエアバッハ師団の主力はニーダー=ブレッヒェン(リンブルク南東)におり、一部はラーン右岸のハダマー(リンブルク北方)にいて敵を監視し、ヴァイルミュンスターとフィールメーア(フィルマー)の哨戒線が右側面をカバーした。
 中央のヴュルテンベルク公の部隊はリンブルクとエシュホーフェン正面、そしてディーツ正面に哨戒線を敷き、主力はリンブルク付近の宿営地とディーツの背後に展開した。左翼のブルクラッハはアーンシュタイン(オバーンホフ南)からラーンにそってライン河畔のオーバー=ラーンシュタインまで主力を展開し、ラーンからマインまでライン沿いに展開したコルドンもブルクラッハの指揮下に入った。ラーン沿いに展開した総兵力は3万4000人弱だった。
 クレルフェは15日に司令部をリンブルク南方のキルベルクへ、16日にはミュンツフェルデン(メンスフェルデン)へと移動し、またマインツに対して右岸との連絡が断たれることを想定して防衛を固めるよう命じるとともに素早い解放を約束した。またヴルムザーへの手紙の中では、上ライン軍が川に沿ってマンハイム地域まで下ることでピシュグリュがもくろむであろう連合軍の分断を妨げることができるとの見解を述べた。
 ブルクラッハがラーンへの後退を始めた後でフランス軍右翼はノイヴィートで渡河を実施した。15日正午にアトリ将軍がマインツやモーゼルから運んできた装備で架橋作業を始め、夕方には橋が完成。夜の間にベルナドット、ポンセ、マルソーの3個師団が渡河を始め、16日もそれは続いた。夕方にはジュールダンは軍の大半、7万人をライン右岸に集めることができ、そして彼らの正面にはラーン左岸にほぼ半数の敵しかいなかった。
 だが彼は攻撃を延期した。数日のうちにピシュグリュのラン=エ=モーゼル軍がライン中流域で渡河を行なうことが分かっていたためだとSchelsは指摘する。またオーストリア軍の撤退が予想されていたのも、無理に攻撃しなかった理由。クレルフェは敵の強さを十分に知っており、実際に急いで退却の準備を進めていた。彼はヘーヒストでマインを渡る舟橋を2つ架け、リュッセルスハイムの橋もしばし残したが、コストハイムの橋については破壊した。
 9月19日、ジュールダンはようやく軍を5つの縦隊で前進させた。右翼と中央はナッサウ、ディーツ、リンブルクを攻撃し、左翼の2個縦隊はヴァイルブルクとヴェッツラーを攻撃して連合軍の退路か、少なくともその右側面を脅かそうとした。最右翼のベルナドットが右岸のナッサウを占領し、ポンセがディーツに接近した。ここでは激しい戦闘が勃発したが、ハディック将軍が夕方まで1万人の敵を相手にこの地を持ちこたえた。夜になってようやくフランス軍は渡河とディーツ占領に成功した。連合軍はディーツとリンブルクの間にあるオラニエンシュタインでも激しく抵抗した。
 シャンピオネとティリーの師団で構成される中央の縦隊はリンブルクへと移動したが、夜遅くまでそこに到着して郊外を占拠することができず、町本体への攻撃はせずに右岸の正面に宿営した。左翼ではグルニエの第4縦隊が夕方にはヴァイルブルクに到着し、ルフェーブルの第5縦隊がヴェッツラーへの街道上に既に布陣してラーン河畔のオーストリア軍より先にマイン河にたどり着く態勢を見せていた。ディーツ方面のフランス軍に対して反撃を行なえばこれをラーン右岸に押し返すことは可能に見えたが、連合軍右側面への脅威がこれを不可能にした。
 かくしてオーストリア軍は退却を始めた。最右翼のエアバッハ(第1縦隊)はフランクフルト街道をエシュ(バート・カンベルク南東)まで後退し、エルスニッツ大佐の率いる分遣隊をウシンゲン(フリートベルク西方)に派出して右側面を守った。ヴァルテンスレーベン直率の第2縦隊はヴィースバーデン街道をヴァルバッハ(イドシュタイン北西)まで、ハディックの第3縦隊はヘンネタール(イドシュタイン西方)へと引き下がり、ブルクラッハはアーンシュタインからヴィースバーデン街道上をケンメル(ケメル)まで後退した。ラインのコルドンも同様に退却。クレルフェは第1縦隊とともにエシュに司令部を置いた。彼らの退却はフランス軍に気づかれず、朝になってようやく騎兵がその追撃を始めた。
 だがエシュでクレルフェは、ジュールダンの右翼が既にヴェッツラーに到着しており、またピシュグリュがマンハイムに対して降伏勧告を行い、その交渉が進んでいるとの情報を受け取った。このためクレルフェは20日から21日にかけての夜間も退却を継続。第1縦隊はケーニヒシュタイン(ケーニヒシュタイン=イム=タウヌス)背後のノイエンハインに移動し、クレルフェもそこに司令部を置いた。ヴァルテンスレーベンは第2及び第3縦隊とともにヴィースバーデンを経てバーシュタット(ビアシュタット)に行軍した。またブルクラッハの第4縦隊とコルドンの一部もこの町に到着した。
 コルドンの別の旅団を指揮していたホーエンローエ公は退却命令を受け、21日にビベリッヒ(ビープリッヒ?)へと退却。バルコ将軍の部隊はヴルツェル山(標高618メートル、ヴィースバーデン北西)に布陣した。クレルフェはフィンク将軍を歩兵4個大隊とともにマイン左岸のリュッセルスハイムにいるシュターダーの下へと送ったほか、マインツ守備隊にも増援を送り込んだ。そしてこの日、マンハイムが本当にフランスに降伏したという知らせがノイエンハインの司令部に届いた。
 一方、サンブル=エ=ムーズ軍では食糧事情が悪化していた。ジュールダンは中立地とラインの間の細長い地域に行動を限定され、そこでは7万人もの兵を養うことができず、左岸から必要な物資を運ぶ手段も欠乏していた。ジュールダンはデュッセルドルフの防衛を固めノイホフからビルクまで、さらにそこからデュッセル(デュッセルタール)を経てライン沿いのゴルツハイムに至る堡塁の戦線を築いてハムの渡河点を守った。町と宿営地は以前モルロが指揮し、今はコローの指揮下にある師団が占拠した。ノイヴィートにも橋頭堡が築かれ、中洲にいくつかの堡塁が建設された。マルソー師団はエーレンブライトシュタインの封鎖を命じられた。
 以下次回。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント