フルーリュス史料 1

 フルーリュスの戦いに関する史料を紹介しよう。まずはフランス軍左翼を指揮していたクレベールの報告と、その右隣りに展開していたモルロ師団の報告だ。

 サンブルに集結した軍の左翼各師団司令官クレベール将軍の報告、1794年6月26日
「敵がシャペル=エルレモンの宿営地に戻ってきたこと、自らの計画実行に必要なピエトンとトラズニーの拠点を我々からもぎ取ろうとした25日の試み、共和国兵が占拠した他の地点への接近、あらゆる方面から届いた敵の移動と集結に関する報告、そのすべてが26日には支えなければならない精力的な攻撃があることを示していた。そこであらゆる準備、つまり連合軍に抵抗するのではなく、敵が我々を押し込もうと試みるあらゆる地点で敵を打ち破るための準備がなされた。
 すでに4時になり、あらゆる場所を穏やかさと静けさが支配している奇妙さに私が驚いていたその時、トラズニー高地における強力な砲声によって、モンテギュ将軍の指揮下師団が敵と交戦していることが告げられた。この将軍から何の知らせも受けていなかった私は、情報を得るため副官を送り出した。森とトラズニー城を失った後で、我々がそれをちょうど取り戻し、敵砲列を押し戻して弾薬箱4つを爆破させたことを知った。激しすぎる砲撃によってモンテギュ師団の弾薬が尽きることを恐れた私は、歩兵3個大隊にクールセルへと出立し、12ポンド砲1門、曲射砲2門及びあらゆる種類の交換品として10個の弾薬箱とともに向かうよう急いで命令を出した。村から出て敵の側面へ突撃する準備をしていた時、彼らはモンテギュ将軍が示された地点へ退却中であることを知った。単独で攻撃するには弱体すぎたかれらは引き返した。この後退移動について知らされるや否や、それが引き起こすに違いない不幸な効果を避けるため、私はベルナドットを、ピエトン川の付近に向かってそこを守り、またエーニュ及びマルシエンヌ=オー=ポンの渡河点を守るため、彼の半旅団及びいくつかの大隊とともに派出した。擲弾兵4個中隊と第34憲兵師団が既にルー橋を、第32軽歩兵大隊と第1オルヌ[志願兵大隊]がザール修道院とゴスリーからクールセルへの街道上の橋を占拠していた。そうやって敵の隙間に対するあらゆる懸念を打ち消したうえで、自分たちの攻撃に向けた準備を行った。敵が森の中をマルシエンヌに向かっており、既に騎兵は殉教の丘を占拠して大砲4門の砲列が橋の連絡を遮断していたのを見た私は、歩兵3個大隊、騎兵2個大隊及びいくつかの攻城砲とともに森の端と平行に布陣して攻撃を始めた。我が砲列はすぐ直面している敵を黙らせた。敵の砲撃が弱まったのを見て私は敵の後退を疑い、第12猟騎兵連隊に対して、マルシエンヌに行ってこの保持することが重要な拠点がどのように守られているかを偵察する人物を提供してほしいと提案した。すぐマテュー大尉が志願し、連隊助手を伴って敵散兵の間を通り抜けていった。彼らはすぐに戻り、マルシエンヌの指揮官からの覚書を運んできた。それによると大砲2門と600人の兵が橋を守り、橋自体は破壊されたがすぐ再建されたそうで、私は歩兵と騎兵を前方へと送り出し、平野でベルナドットがいつもの熱意と勇気をもって攻撃をしているのを見て、自らの縦隊を左翼へ差し向け、攻撃を急ぐよう命じてそれを実行した。共和主義者の魂にしか存在しない勇気と大胆さを持つ我らの散兵は、強力な縦隊と常に榴弾、砲丸そして特に散弾を常に雨あられと投じてくる数多くの大砲に守られたモンコーの森へと大股で前進した。何物も我らの勇敢な兵たちを動揺させることはできず、彼らは敵が保持する森にたどり着いた。側面からの攻撃で敵は恥ずべき逃走を行い、その際に獲得するために多くの苦労をかけた陣地を、数多くの死体に覆われたまま我々へと明け渡した。
 一方、レルネの高地にいたドーリエ将軍は、とても精力的な攻撃を支えねばならなかった。幸運にも彼はポンセ将軍が指揮するモンテギュ師団の1個旅団に増援されており、ポンセは命令に従って同じ高地へと後退していた。重砲で勝っていた敵は正面と側面からそこを奪おうと行軍してきた。
 砲撃は激しく、オーストリア騎兵はそれを止めるため我々の砲列に突撃しようとした。敵は我々の数を計算していたが、その勇気は計算していなかった。第22及び第25騎兵連隊の1個大隊が敵と遭遇すべく前進し、すぐ彼らを大急ぎの退却へと追い込んだ。砲兵による散弾がそれを壊走に変えた。
 かくしてレルネ、マルシエンヌ、モンコー、スヴレ及び最後には我々が攻撃されたあらゆる地点で敵はバラバラになり、あらゆる場所にその恐怖と臆病さの証拠を残していった。
 士官たち、兵士たちの誰もがこれらの攻撃において義務を果たし、この永久に記憶に残るべき日に名を挙げた英雄的行為について伝えようとすれば、いつまでも終わらないだろう。
 署名、クレベール」

 モルロ将軍からサンブル河畔のマルシエンヌ=オー=ポンにて合流した各軍を指揮する司令官ジュールダンへ
「ゴスリーの司令部、収穫月8日(6月26日)
 市民将軍殿、あなたは私の師団が本日行った作戦についての報告を求めてきました。今朝4時、我々の前哨線は敵と小競り合いを行い、デュボワ将軍は騎兵及び軽砲兵1個中隊とともにポン=タ=ミニュルー正面を通過し、その砲兵は少なくとも16門の大砲の十字砲火を受けながらも2時間半にわたってよく砲撃をしていました。シャンピオネが陣地に戻ることを強いられたため、私も戻ることを強いられました。私が気球から離れて師団へ向かった時に敵がポン=タ=ミニュルーの陣地へ向かい、そして私は砲兵と騎兵を前進させて牽制を行おうと思ったものの、村の隘路を通ろうとした時に半ダースの大砲を敵が解き放ったため、私は自分のいたところにとどまりそこで相互に砲撃を行いました。
 あなたがゴスリーへ退却するよう命じた時、私は最良の秩序を維持しながら実行し、そして[反撃の]命令を受けた時にはすぐ自分の陣地を取り戻しました。我々がいくつかの砲撃を行うと敵はすぐ退却しました。私は最大限の偵察と、失った弾薬の即時補充を命じました。
 挨拶と友愛を
 モルロ」
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント