イマジン

 NFLで色々と動きがあったので、ワーテルローへの道は一回お休み。

 想像してごらん、認知バイアスも変な商習慣もないNFLを。選手のサラリーがチーム成績や他の選手の契約に左右されることなく、フィールド上で彼が果たした役割のみに基づいて決められる世界を。その場合、Wentzの新契約はどうなっていただろうか。
 彼がEaglesと結んだ延長契約は4年128ミリオンで、保証額は107.9ミリオンに達するという。総額ではWilsonが結んだ年平均35ミリオンには及ばないが、保証額は彼を越えることになる。サラリーキャップに対する比率で見れば、歴代でも13位に相当する金額だ。
 ファンの評価は高いを通り越し、バーゲンセールだという声まで出ている。アナリティクス系の人々からも彼はこの契約に「値する」という声が出ているし、長い目で見てQBのコストをコントロールできる契約だとの見方もある。契約を遅らせる方がむしろ高くつくとの指摘もある。
 いずれも間違ってはいないのだが、そこには大きな前提が1つある。WentzがWilsonのように活躍するという前提だ。加えてこれ以上怪我をしない、という条件も事実上ついていると見ていいだろう。問題は、この前提にどのくらいの説得力があるかだ。
 Eaglesが2017シーズンに優勝したことはWentzの評価に大きな後光効果をもたらしている。あのシーズンに11勝稼いだことは、彼の評価を大きく引き上げている。あのシーズンを除くと彼の成績は12勝15敗になってしまうし、また勝敗はQBだけで決まるものでもないのだが、現実世界ではSuper Bowlの輝きは他の問題点を見えなくしてしまうことがある。
 だからもっと理想的な世界、例えて言うならEliよりRiversが先にHOF候補として普通に名前が挙がる世界を考えてみよう。そこではQBの能力は勝率やリングではなくANY/Aのような数字で評価され、誰もがそれを当然だと思う。その世界でWentzの3年のキャリアを見るなら、彼は「リーグ平均並みQB」となってしまう。2016-18シーズン累計で規定試投数(672)に達した32人のQBのうち、WentzのANY/Aの成績は17位。ちょうど真ん中付近なのだ。
 過去の実績ではなく将来への期待で契約するのだから、ANY/Aではなく別の指標を見るべきだとの見解もあるだろう。その場合、適切なのは将来の成績との相関が高いパス成功率を見るのがいい。そしてWentzの3年間のパス成功率は16位。やっぱり真ん中程度の数字になり、やっぱり平均的QBという結論になる。
 サラリーキャップの増加に合わせて現在価値に直した年平均サラリーの高い順に現役QBたちを並べると16位のBradyは24.8ミリオン、17位のDaltonは22.6ミリオンとなる。Wentzのサラリーもこの前後が適当だろう。例えば23.7ミリオンだとすればそれを4倍した94.8ミリオンが適切な金額になる。ニューマネーだけでなく現時点で残った契約分(4年目と5年目オプションを合わせてキャップヒットが31.3ミリオン弱)も含めて計算するなら、ニューマネーは117.5ミリオンもらえることになる。どちらにせよ実際の金額よりは小さい。
 でもこの世界は桃源郷でもユートピアでもシャングリラでもザナドゥでもない。現実は理想より歪んでいる。原因は上に述べたような後光効果に加え、アンカリングという認知バイアスも影響していると見ていいだろう。直前に結ばれたWilsonの契約額が一種の参照点となり、Wentzとの交渉もその数字に引きずられたというわけだ。そして同じことは、これから契約延長が議論されるGoffにも当てはまる、と代理人経験者は言っている
 理想郷におけるGoffやPrescottの契約延長額がどうなるか、Wentzと同じように考えてみよう。まずANY/AではGoffが32人中9位、Prescottが13位となる。現役QBたちとの並びで見るならGoffはCarrとほぼ同額の年28.2ミリオン、PrescottはFlaccoと同額の年26.8ミリオン前後が適当だと考えられる。一方、パス成功率で見るとPrescottは8位に上がり、Goffは24位に急落する。前者はGaroppoloと同じ年29.2ミリオン、後者はなんと今のWentzと同じ年8.1ミリオンが適当ということになってしまう。
 だが実際にはGoffはWentzより高い額に、Prescottは低い額になると予想されている。結果、3人のQBは誰もが「イマジン」世界より割高な選手となってしまうが、特にGoffはリスクが高く、次にWentz、そして最もリスクが低いのがPrescottという並びになることが想定できる。
 もちろんそんなことはどのチームも想定済みだろう。元々彼らのチーム作りは安いルーキー契約QBにかなり依存していた。だが安いQBは永遠に安いわけではない(4年ごとに先発を代えない限り)。4年目が終わればコストが上がるのは覚悟のうえであり、チームはコストが上がっても採算がとれるだけのQBであるかどうかを3~4年以内に判断すればいいだけである。でも現実にはQBの能力を見誤り、実力以上の額で長期契約を結ぶチームは多い。Tannehill、Bortles、Carrなどがその例だ。
 もっと長い期間、1970年の合併以降を対象にNFLでのプレイ1年目から3年目までのQBたちの成績を調べてみよう。Comp%+のトップ10を見ると5人はHOFerで、さらにBradyもそこに入っている。やはりパス成功率は将来予測には役に立つのだ。となるとこの数字が高い選手ほど高額契約を結ぶのが合理的ということになる。
 今年4年目のQBたちで一番この数字が高いのはもちろんPrescott(111)。過去にこの数値が109から113までの選手たちを見るとGriffinやBrian Griese、Brunellという平凡なQBたちもいたが、一方でKosar、Palmerなどそれなりの選手もおり、そしてBrady、Manning、Ken AndersonというHOF候補やそれに最も近いと言われる選手たちもいる。悪い面々ではない。
 Wentz(102)に近い101から103の選手たちになると、最もいいのはBreesくらいで、後は短期間のみ輝いたBert JonesやMark Rypienがいる一方、そもそも先発不合格なTim Couch、Trent Edwards、Ryan Tannehillなどがいる。Goff(95)に近い94から96の選手たちになると、CFLでキャリアを積んでいたMoonという例外を除けばCampbell、O'Donnell、Plummer、Steve Grogan、Neil Lomax、Joe Fergusonなど地味すぎる面々ばかりが並ぶ。果たして彼らに年30ミリオン超を払って大丈夫なのだろうか。
 NFLの各チームは、本当はFAよりも自家製選手にサラリーを払いすぎているのではないか、という問題は以前にも紹介した。今回のWentz契約はもとより、それに続くであろうGoffとPrescottの契約においても、同じ懸念が浮かび上がるのではなかろうか。もちろん彼らの中にはそのサラリーに見合うだけの成長を見せる選手も出てくるだろう。だが過去の実績を見る限り、そうでない選手になってしまう確率の方が高い。それでもギャンブルに出るチームが圧倒的に多いのが現実なのだが、個人的には別の道(4年ごとにQBを安いルーキーに入れ替えるなど)を探るチームがもっと増えてもいいと思う。

 それ以外のニュースとしてはJetsがEaglesフロントからGMを奪ったこと、一方Texansではまだ1年ちょっとしかやっていないGMが首を切られたことが話題になっていた。誰がGM職を担うかというのは重要だが、それのみならず適切とは思えない時期にGMを解雇することがチームの機能不全を意味しているかどうかにも、注意をしておくべきだろう。
 NFLのチームの成功で最も重要なのはQBであり、以下HC、GM、そしてオーナーが続くという研究がある。逆に言うならQB以外はフィールド外にいるメンツがチーム成績に大きな影響を及ぼしているともいえるわけだ。TexansにせよJetsにせよ、フィールド内の選手たちを支える体制をきちんと固めることが必要なのだろう。
 またサラリーがらみでは、Gurleyの現状を踏まえてRBへの高額投資はやはり失敗だったのではとの指摘も出ていた。アナリティクス関連では昔から言われていたことで目新しさはないのだが、RBで最高額をもらっているGurleyもまた「交換可能な選手」でしかなかったとなれば、改めてその事実が確認されることになる。Gurleyに次ぐ高額RBを抱えているJets、Cardinalsあたりは、やはりチーム作りのあり方を心配した方がいいかもしれない。

 閑話休題。
スポンサーサイト



コメント

きんのじ
EaglesとWentzファン的には、とてもありがたく嬉しい契約でした(^^)/
Wentz自身は契約金にガツガツしなさそうだけど代理人がどうかなぁ?と思ってましたが、バーゲン契約だったと思います(^^)/
幾つか反論したく...。

①過去に再契約したQBと、契約金÷年数の金額で比較するなら、キャップトータル増加率のインフレを係数で加味しないと、フェアではないのでは?
②ルーキー契約加味のトータル6年、平均25.8M相当で分析すべきでは?
③25.8Mだと、契約時のキャップ占有率(歴代13位)はどうなるか?
ファン的には13位でも妥当ですが...。
④額面の年32Mとしても、仮にそれでFA市場に出た場合、メッチャ争奪戦になるのでは?
王者Patriotsが参戦する可能性もあるのでは?
⑤Wentz世代とさらに若い世代で、Wentzと同程度のサラリー貰えそうなQBをサポートするスキルポジション
Prescott(2000yds級のZeek)
Goff(Gurley,Woods,Cooks)
Mahomes(Hill,Kelece,Hunt)
DeSean Watson(Hopkins)
に比べると、WentzのEarzとJefferyはちょっと地味...

結局のところ、今年がWentzの真価を問われる年になり、強化されたRBとWRで2年目の快進撃の再来なるか?

再来すれば32Mでも安い、でも、また怪我したりしたらアリャ...?(^-^;
だと思います。

そこかなぁ?と思います(^-^)

desaixjp
キャップの増加率は反映済みです。Bradyの契約額が年24.8ミリオンというのを見れば分かると思いますが。
Wentzの4年目と5年目を足した計算についても文中で触れています。
トータル6年で計算すればどうなるかはリンク先を見て自分で調べてください。

WentzがFAで取り合いになる可能性は十分にあるでしょう(Patriotsが高額FAを取りに行く確率は低いと思いますが)。それも含めてこのエントリーの主題は、今のNFLでフランチャイズQBの契約がいかにインフレしやすいかを指摘したものです。Wentzを取り上げたのは、たまたま最新の契約を結んだのが彼だったからにすぎません。
個人的にはルーキー契約のQB以外で割高でないと言えるのはBradyやBreesくらいしかいないと思います。せめて彼ら並みの契約に抑える努力をしているのならともかく、そうでない限りベテランフランチャイズQBとの契約はほぼ「払い過ぎ」になっているのが実情だと思います。

きんのじ
QBに払いすぎの傾向と感じるのは同感です。
どこかで歯止めが利いてバランスするのか、どんどんイビツになって破綻するのか、観察したいと思います。

Bradyはインフレ加味の数値でしたか!(^^;
失礼しました。どんだけお得なのか...(^^;

BradyやBreezに近付ける努力を。という点は、努力でどうにかなるのかな?と疑問に感じました。
逆にPatriotsやSaintsは有能な選手(QB)を安い契約に抑える手法を持っているのでしょうか。

世代交代して、次のQBも有能かつ安価な契約更新なら、再現性があり流石と納得なのですが、QB各自の目標や性格的なものだと、フロントの努力ではいかんともしがたい気がします。
その辺も今後を観察したいと思います。

desaixjp
Patriotsは(彼らのシステムの中で)有能な選手を安く見つけ出す能力には長けていると思います。あとBradyに関しては実際に足元で安く契約していますね。
もちろん今のリーグで彼らは例外の存在です。安くQBを手に入れたければ、ルーキー契約で当たりを引くか、リングを増やしたいと考えている引退間際の一流QB(Elway)がたまたま割安契約に応じてくれるといった幸運に恵まれないと難しいように見えます。
ですがそれでもPatriotsがそうやって安く選手を調達しているのは事実です。その事例がある限り、他のチームが努力不足だと言われた時に完全に否定するのは困難でしょう。

ベテランQBとの高額契約の評価に際してしばしば無視されるのは、彼に投下したサラリーの分だけ他のポジションが弱体化するという問題です。Wentzと高額契約を結べば、過去3年にわたって他の選手に投じていた資金がその分だけ使えなくなります。Wentzにその穴埋めができるのかどうかこそが、本当は重要なはずです。
既に5年前の時点でそういう指摘をした人はいます。
http://sportswire.usatoday.com/2014/03/07/paying-for-an-elite-qb-often-means-not-affording-even-a-mediocre-defense/
Wilsonの高額契約以降、SeahawksはSuper Bowlにたどり着いてすらいませんし、ディフェンスのExpected Points Addedは1位→3位→14位→15位と低下の一途をたどっています。
フランチャイズQBは本当に福音なのでしょうか。もしかしたらそれは福音のふりをした毒饅頭なのではないでしょうか。

desaixjp
修正
1か所間違っていました。
SeahawksのディフェンスEXPの推移は5位→7位→8位→15位です。

きんのじ
あざっす!(^^)/

自前QBが福音か毒饅頭か?数年後のBrady引退後のPatriotsがどう振る舞うい、やりくりするかで、答えになるように思います。ちょっとBradyの一例だけで判断するのには抵抗を覚えます(^-^;
BradyとBelicheckが同時に辞めなければ...の条件もつきますが。

Patriotsは新世紀のダイナスティを築いた、巧みな選手との年俸・雇用含め、随一のチームだとリスペクトします。

ただそれでも、Gronk最終年はTE最高年俸を支払ったそうで。
https://www.usatoday.com/story/sports/nfl/2018/08/30/pats-gronk-gets-43m-raise-highest-paid-tight-end-in-nfl/37665045

最終年のGronkが最高峰のTEだったか?
いえいえ、キャッチ力は健在なれど、スターター級とは言え、往年のパワーやスピードは見る影もなく、TE最高年俸は「自前ベテランに払い過ぎ」の呪いにかかったように見えます。
Patriotsでもそういうこともあるんだなぁと。

これ一つで他を否定するつもりなく、Patriotsのマネジメントは随一だと思いますが、それでも全て上手くいくわけではない。本当に難しいんだろうなぁと。

Next Bradyに興味津々です(^^)/(^^)/(^^)/
FolesやBridgewaterみたいな選手を再生して上手く使うかもなぁ?などとも妄想します(^^)/

desaixjp
Patriotsの動向を追っていない人はご存知ないか忘れているかもしれませんが、Patsは昨シーズン前にGronkをLionsにトレードしようとしていました。
他ならぬGronk自身がそれを認めています。
https://www.espn.com/nfl/story/_/id/24768502/
自前ベテランに払い過ぎ、どころかWelkerの時と同様に成績が下がる直前に売っぱらおうとする気満々だったわけです。
GronkがLionsに行くくらいなら引退すると抵抗したために破談になったわけで、個人的にはむしろBelichickの冷徹さと選手を見限る能力の高さを改めて思い知った事例です。
もちろんここまでやれるほどの権限を持ったGMはリーグ内でも他に存在しないこともよくわかります。
少なくともそういう乱暴なことをしようとすれば普通はオーナーの反発を食らうでしょう。

Belichickが特別なのは間違いありません。ですが特別という理由で彼が好き放題やっているのを指をくわえて見ているままでいいのかというと、決してそうは思わないというのが「努力不足」と考える理由です。

きんのじ
ええと、その噂はうっすら知ってましたが、途中のプロセスがどうあれ、結果的にGronkに「払い過ぎ」た事を、正当化・妥当化するものではないように思いました。

プロセスあれど、Gronkへの金額が減るでもなく、Gronkのパフォーマンス低下をやむ無しと正当化するものではないと思いますが、どうでしょう。
Gronkかどうゴネようが、ポイッとリリースしてこそPatriots流。というイメージです。

繰り返しとなりますが、Gronkの件をもってPatriotsを卑下するつもりは全くありません。
でも結局、そう感じてしまうような文章になってしまったのは反省です(^^;(^^;

desaixjp
話はそう簡単ではありません。実はGronkを「ポイッとリリース」してしまうと、彼を残すより大幅に損をした可能性があるのです。
Spotracによれば2018シーズンのGronkのキャップヒットは10.9ミリオン弱。ところが彼を解雇した場合に発生するデッドマネーは12.3ミリオンと、手元に留めるよりむしろ増えてしまうそうです。
https://www.spotrac.com/nfl/new-england-patriots/cap/2018/

トレード失敗の時点でPatsに残された選択肢は、
(1)リーグトップではなくなるがチームには残るTEにリーグトップの11ミリオンをつぎ込む
(2)いなくなる選手のために12ミリオンのデッドマネーを覚悟する
の2つになったと考えられます。誰がGMでも当然(1)を選ぶでしょうし、Belichickもそうしました。つまりGronkの場合、むしろリリースしないほうが、選手の採算性を重視する「Patriots流」と言えます。

きんのじ
情報ありがとうございます!(^^)/

カットした方がゴースト増える契約だったとは...。
いろんな思惑や駆引きでそうなったんでしょうねー。

なんにせよ、下り坂のGronkの評価額を見誤ったのではなく、支出を最大限合理化した結果であったと理解できました。

ありがとうございましたー(^^)/

desaixjp
ご理解いただけで何よりです……で終わるつもりだったのですが、すみませんGronkのサラリーについて別のデータを発見してしまいました。
ただし、それについて解説を始めるとエントリー1回分くらいにはなりそうです。
書き上げたところでアップします。

きんのじ
了解しました(^^)/

Patriotsのこと、状況を整理すると「なるほどなー」となりそうで、楽しみです(^^)/
非公開コメント