オタクリトマス試験紙その2

 妄想少女オタク系の2巻が出ていたので前回と同じことをやってみよう。

学校の屋上で愛を叫ぶ
 →オタクなら語尾は「…叫んだけもの」にすべきだろう。

DEATH NOTE
 →最近映画になっていたが読んだことはない。

両さんて言ったら…
 →私の生まれる前から連載している、という人も多いんだろうな。噫、昭和は遠くなりにけり。

コミックバンケット
 →banquet=宴会。それにしてもパーティになったりフェスティバルになったり忙しいことだ。

悲しいケドこれが現実なのよねぇ
 →「悲しいけど、これって戦争なのよね」。TVと映画で声優が違っていたのが記憶にある。

フジロック
 →これ"http://www.pref.shizuoka.jp/nousei/ns-42/fujirock.htm"ではないわな。おそらく富士山の麓でやってるロックコンサートだろうと思って調べたら、場所が苗場。看板に偽りあり、羊頭豚肉、もとい狗肉じゃねえか。

乙女ロード
 →新聞で読んだことあるけど行ったことなし。

乙女的オドロキ
 →なんて恐ろしい子。

かめはめ波、元気玉
 →ドラゴンボールはまったく読んでないからなあ。

フュージョン
 →Shakatakの"Night Birds"が好きだった。え、そのフュージョンとは違う?

猪熊キング
 →同人界の有名人のパロディか何かだろうか。私の知っている猪熊は柔だけ。

ミサトさん
 →葛城は「かつらぎ」とは読まない。葛は「かずら橋」のかずらだし、城は「き」とは読めても「ぎ」ではない。従って葛城は「かづらき」と読むのが正しい、という話を昔どこかで読んだ。

乙女カフェ
 →多分メイドカフェの亜流か親戚か突然変異あたりだと思うがよく知らん。

ドリーム
 →オリキャラが出てくる二次創作のことだと思う。少なくともネットで見かけるのはそう。

忠犬ハチ公
 →それはオタクネタではない。

一人の少年がやってきて魔法の本を手に入れおとぎ話の世界へと…
 →ファンタジー小説かファンタジー漫画かファンタジーアニメでありがちな設定だがよく分からん。

ダ・ビンチ・シー
 →この後に続くものを以下の中から選べ。
  1)ド
  2)ル
  3)チキン
  4)モンキー

「愛と勇気とあたしも居るよっ!!」「ありがとうっ元気100倍!!」
 →ジャンプ系漫画だとどれでも当てはまりそうな気がするが、やはり分からん。

一緒だったのに…
 →直後に「キラ・ヤマトごっこ」と答えが書いてある。

陵辱受
 →勘弁してくれ。

日本人平均でGカップは500人に1人
 →これでまたひとつかしこくなった。

壁サークル
 →げんしけんを読んで意味を知った。見たことはない。

これが私の王子様
 →さりげなく袖に仏王家の紋章(fleur-de-lys)というかニュー・オリンズ・セインツのロゴがついている。王子じゃなくて大統領と呼んでやろう。

僕が乗ります
 →山ほどあるガンダムのうちどれかにこの台詞があるのだろうと想像する。見た記憶はない。

アナ・リー、エレミヤ、カズー、ゲイル少尉
 →作中作の登場人物だから元ネタがあるのだろうけど、知らんなあ。

ツンデレ
 →はるか昔のラブコメから変わらずに存在し続ける王道を言語化したもの。

男波
 →ヤな波だなおい。

電車男
 →六本木ヒルズまで見に行ったぞ。一人きりで。

エロかっこいい
 →水伝好きなねーちゃん。

フルネルソン
 →どうでもいいが構図がエロすぎる。さすがは同人出身漫画家。

「見るなあああ!!」ドゴオ
 →ぎゃらくてかまぐなあああむ

 以上、前回に比べて分かるネタと分からないネタの格差が広がっているような気がする。これぞ格差社会(違う)。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック