香港と台湾

 例のバーチャルアイドル"http://www.crypton.co.jp/cv01"、今年は海外公演をやらないのかと思っていたらこんな話"http://5pb.jp/mikupa/"が出ていた。アジアでの開催は昨年のシンガポールに次ぐもの。スポンサーがつかないと開催は困難なんだろうと思っていたんだが、どうにか開催にこぎつけられたってことはどこかからスポンサーが出てきたのかもしれない。
 香港の会場は3000人程度で多くが立ち見"https://twitter.com/mikupa_5pb/status/218321356977217537"、台湾は5000人程度で全部立ち見"https://twitter.com/mikupa_5pb/status/218324360522498049"だそうだ。どちらもコンサート会場というよりはライブ会場みたいなつくりなんだろう。それぞれ昼と夜2回の公演を予定しているので、もし売り切れるなら香港では計6000人、台湾では1万人動員ということになる。
 昨年のシンガポールは2300人で1回のみ。その前のLAは約5000人だったから、今回のこの数は(いくら初音ミクがアジアで人気とはいえ)かなり大胆なチャレンジとみなすこともできそうだ。チケットの予約開始は7月から。とりあえずはその売れ行きに注目ってことだろう。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック