キャトル=ブラ後

 キャトル=ブラの戦いといえば1815年6月16日に行われたものとされている"http://en.wikipedia.org/wiki/Battle_of_Quatre_Bras"。実際、最も激しい戦闘が展開されたのが16日なのは事実だ。だが、実は翌17日にも戦闘があったことは、どうもあまり知られていないようだ。
 John FranklinのWaterloo Hanoverian Correspondence"http://www.1815.ltd.uk/site/books/hanoverian_vol1.php"を見れば17日の戦闘について書かれた参加者の文章がいくらでも見つかる。中でも激しい戦いに巻き込まれたのはブレーメン軽歩兵大隊で、ミュラー少佐によれば少なくともその戦闘は夜明けから午前10時頃までは続いたようだ(p89)。同大隊の損害は戦死6人、負傷53人、不明23人(ワーテルローへの退却時も含む)となっており、16日に同大隊が受けた損害(負傷17人、不明3人)より多かったりする。
 ただ人数については別の説もあり、スクリバ大尉は戦死4人、負傷40人、不明18人と記している。とはいえ後者の人数で考えても同大隊は17日に全戦力の14%に相当する損害を受けた計算となり、この日の戦闘が(少なくとも同大隊にとっては)かなり本格的なものだった様子が窺える。彼らにとっては17日こそが本当の戦いだったと言ってもいいくらいだ。
 
 にもかかわらず歴史書ではこの戦闘に触れていないものが多い。たとえばDavid Chandlerの"Waterloo: The Hundred Days"には「ネイは[17日の]午前中を通じ、ウェリントンへの攻撃を再開しようとしなかった。彼の兵は道に沿って、何時間も決して来ない命令を野営の火の周りで待っていた」(p107)とあるし、A. F. Beckeの"Napoleon and Waterloo"には「不幸なことにネイは何もしなかった」(p134)、John Codman Ropesの"The Campaign of Waterloo"には「だがネイは一人の兵すらも動かさなかった」(p213)と書かれている。
 Albert A. Nofiも「いくつかの所定の巡回を除き、ネイの部隊は終日何もしなかった」("The Waterloo Campaign" p142)と記しており、Henry Houssayeの1815"http://archive.org/details/1815henr02hous"でも「キャトル=ブラ方面ではフランス軍と英国軍は6月17日の午前中の間、動かず相互の陣地にとどまった」(p251)と書かれている。一応Houssayeは脚注で「朝5時から午後2時まで前哨部隊の間で少しばかり射撃の応酬があった」(同)と書いてはいるが、この文章からブレーメン軽歩兵大隊が受けた損害を想像するのは難しいだろう。
 17日の戦闘についてきちんと記している戦役本はあまり多くない。Jac Wellerが"Wellington at Waterloo"で「フランス軍が大挙して攻撃する前兆となり得る小規模な射撃戦がしばしばあり、一度はそれがキャトル=ブラの全正面に渡ってほとんど絶え間なく続いた」(p74)と書いている事例とか、ブレーメン大隊などに損害が出ていることを指摘しているWilliam Siborneの"History of the war in France and Belgium"(p151)といったものはあるが、数としては限られている。
 
 戦闘があったという記録が数多く存在することはPierre de WitのThe campaign of 1815のサイトにあるThe situation at Quatre Bras on the early morning of the 17th of June."http://www.waterloo-campaign.nl/june17/bnedter.0.pdf"を見ても裏づけられる(p8-9)。にもかかわらず、多くの戦役本でその事実がほとんど無視されているのはなぜか。おそらく、同時代の上級指揮官たちがこの限られた戦闘を「敢えて言及するまでもない小競り合い」と認識したのが理由だろう。
 ワーテルロー関連の記録についてはいくつか翻訳をしているが、たとえばフランス軍公報"http://www.asahi-net.or.jp/~uq9h-mzgc/g_armee/source/waterloo_nap.html"などの記録はもとより、キャトル=ブラの戦場に居合わせたネイの手紙"http://www.asahi-net.or.jp/~uq9h-mzgc/g_armee/source/waterloo_ney.html"、ウェリントンの手紙"http://www.asahi-net.or.jp/~uq9h-mzgc/g_armee/source/waterloo_wel.html"、ウィレム皇太子の報告"http://www.asahi-net.or.jp/~uq9h-mzgc/g_armee/source/waterloo_ora2.html"といった史料を見ても、17日朝の戦闘には全く触れられていない。
 細かい記録まで発掘すれば見つかるが、主要な史料だけでは分からない戦い。それがこの17日朝の戦闘だったのだ。いやそれでもこの17日の戦闘は一部の歴史書には掲載されたからまだ幸せかもしれない。報告は書かれても文献には採用されなかった細かい戦闘は、実際には他にももっとたくさんあったに違いない。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック