戦術傾向

 Football Outsidersがまた変わったデータをまとめているようだ"http://footballoutsiders.com/stat-analysis/2012/foa-2012-preview-strategic-tendencies-tables"。オフェンスとディフェンスそれぞれのフォーメーションについて、どのフォーメーションの比率が高く、それがどのようなプレイ結果をもたらしたかをまとめたものらしい。取りあえず上のページで紹介されているのはGiantsのデータだけだが、Football Outsiders Almanac 2012には全32チーム分のデータを載せるという。
 見て分かるのだが、Giantsのオフェンスは圧倒的に3WR1TE1RBが多い(全体の44%)。またこのフォーメーションから出てくるプレイのほぼ8割はパスプレイ。おそらく相手チームもそうした傾向は分析しているだろうが、それでもManningがあれだけの成績を収めているってことは、分かっていても簡単にとめられないパスを投げるだけの能力が彼にあるってことだろう。DVOAの高さ(19.5%)を見ても、いまやGiantsオフェンスが圧倒的にパス優位である様子が窺える。
 一方、ディフェンスでは全プレイの6割弱を4-2-5が占めている。Nickel Backのように見えるが、一般的なNBが3人目のCBを投入するのに対し、GiantsはSFを3人送り込んでいるらしい。パスの比重が高まっている現代NFLでは、DBが増えるのはそう珍しくもないだろう。それだけに有能なDBをそろえることは重要だと見られる。
 Giantsについてもう一つ面白いのは、後半にリードされている状況でランプレイを行う比率がリーグで9位、リードしている状況でパスプレイを行う比率が6位といずれも上位に入っていることだ。またファーストダウンでのランプレイは31位、2ndダウンで長い距離が残っている場合のランプレイは8位。基本的に相手の裏をかこうとするプレイ選択が多い。こういうチームが勝ちあがること自体は、ゲームとしてのアメフトを面白くすることにつながるので評価したい。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック