Manning

 ManningがIndyを去る"http://www.nfl.com/news/story/09000d5d827709b9/article"。現役QBの中で最後まで1チームでキャリアを終える確率が高いのは彼だと思っていたが、首の怪我によってそれも不可能になった。獲得ヤード5万4828、TDパス399、レーティング94.9、ANY/A+120。それがIndyで積み上げた彼の成績"http://www.pro-football-reference.com/players/M/MannPe00.htm"だ。
 でもまだ過去を振り返る時期ではない。むしろこれからが問題だ。実際、早速Manningがどこへ行くかという話題が記事になっている"http://www.nfljapan.com/headlines/31678.html"。7チームの名が挙がっているが、最後のWashingtonは0%扱いなので実質6チーム。うち3チームがNFC西のチームである。確かに現在、各地区の中で最もQBのレベルが低いのはNFC西。キャリア晩年で怪我持ちであってもPeytonならほしいというチームが多いのは当然だ。
 次に多いのはAFC東の2チーム。この地区にはBradyという面倒な相手がいるものの、MiamiやJetsのように(特に後者)ディフェンスが強い割にQBがしょぼいチームにとってはManningは魅力だろう。もう一つはKansas Cityだが、ここは同地区にネタっぽいチームが多いので、Manningが来れば確かに優勝できる可能性が高まりそうだ。

 New EnglandファンとしてはAFC東は避けてもらいたいってのが本音。いくらキャリア晩年とはいえ、彼と年に2回当たるのは今のディフェンス壊滅チームにとっては酷だ。できればNFC西あたりで引退前の優雅なNFL生活を送っていただきたいところ。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック